補償の範囲

鍵のかかった自転車

旅行保険には国内向けと海外向けがあります。国内向けと開学向けでは、補償対象に違いがありますが、どちらも旅行中の事故や怪我などのトラブルが発生した場合に補償してもらうことができます。旅行保険の補償では、ドライブ中の事故やスキーなどのレジャー中の骨折、旅館の階段で点灯して打撲なども範囲内になります。プランによって、支払われる金額が異なります。 また、オプションとして、賠償責任をつけることも可能です。賠償責任では、偶然な事故により、旅先で展示品と誤って破損するなど他人のものを壊して損害を与えたり、他人に怪我をさせた場合の賠償責任を負担してもらうことができます。オプションには、他にも救援者費用や携行品損害などもあります。

国内旅行用の旅行保険は、海外旅行保険についている病気死亡や病気の治療については補償されていない場合があります。保険会社によっては、飛行機が欠航した場合の代替の飛行機が利用できたり、宿泊費用を保証する特約などを付けることが可能です。 海外旅行用の旅行保険を選ぶ場合には、日本語での電話サポートを受けられる保険を選ぶ方が安心です。また、保険会社によっては、訪問都市に日本語サポートデスクが設置されていることがあります。いざという時に対面で相談できるのはとても心強いです。特に海外に旅行する場合には、旅行保険に入っていたほうが安心です。海外での医療費は高額になり、日本まで移送してもらうとさらにその費用がかかることになります。